半導体関連「レーザーテック」株に魅了される人々 東証プライム市場で「売買代金トップ」の銘柄

拡大
縮小
レーザーテックの展示
レーザーテックは最先端の半導体製造に使われる「フォトマスク」や「マスクブランクス」の検査装置を手がける企業だ(写真:ブルームバーグ)

12月18日以降、怒涛の8連騰で上場来高値を更新した半導体関連銘柄のレーザーテック株。その裏では投資家たちによる悲喜こもごもの人間模様が繰り広げられていた。

「レーザーテックの株価が3万6000円の大台を突破して『カラ売りの含み損』が膨れ上がってしまいました。とても平常心でお受けすることができないため、今回の取材はお断りさせていただけないでしょうか」

記者が取材を申し込んでいた個人投資家から、こんなメールが届いたのは12月21日のことだった。株価が2022年1月につけた上場来高値を更新した日だ。

12月は上場来高値を連日更新

株の「カラ売り」とは、足元の株価が高すぎると判断し今後は下がると予想されるときに行う投資手法だ。

証券会社から株を借りて市場で売り、値下がり時に買い戻して借りた分の株を返却する。株価が下がるほど利益になる。一方、予想に反して株価が上昇すればするほど損失は膨らむ。

この投資家はこの日、カラ売りしていた株を買い戻す「損切り」に踏み切った。確定した損失は300万円以上。レーザーテック株はその後も上場来高値を連日更新し、足元では3万7000円台に乗せている。

東京証券取引所は12月29日に年内最後の取引日・大納会を迎える。年初に2万5834円で始まった日経平均株価は、3万3000円台を回復した。

そんな2023年にもっとも売買された銘柄は何だったのか。日本を代表する有名企業が上場する東証プライム市場で、時価総額国内1位のトヨタ自動車などに圧倒的大差をつけ、断トツの1位だったのがレーザーテックだ。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT