有料会員限定

株式投資のプロが厳選! 「半導体・BtoB」12銘柄 日本企業が世界で高シェア、AIブームも追い風

✎ 1〜 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 最新
拡大
縮小

日本企業が世界トップの分野もある。

シリコンウエハー
(写真:荒井 / PIXTA)

特集「1億円を目指す 資産運用大全」の他の記事を読む

日経平均株価が34年ぶりに史上最高値を更新。新NISAもスタートするなど、資産運用には絶好のチャンスが到来している。『週刊東洋経済』4月27日-5月4日 合併号の第1特集は「1億円を目指す 資産運用大全」だ。今や資産1億円も夢ではない。
週刊東洋経済 2024年4/27・5/4合併号(1億円を目指す資産運用大全)[雑誌]
『週刊東洋経済 2024年4/27・5/4合併号(1億円を目指す資産運用大全)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

第2、第3のエヌビディアはどこか──。

株式市場では「半導体」が最重要キーワードの1つとなっている。データセンターの普及や生成AI特需などにより、大量のデータを短時間で処理するうえで重要なロジック(演算)をはじめ先端半導体の需要が急速に増えているのが要因だ。

半導体の性能を上げるには線幅(電子回路の幅)を細くすることが有効で、数年前には10ナノ(ナノは10億分の1)メートルだった線幅は、今では3ナノメートルが最先端。2025年には2ナノメートル製品の量産が始まるとされる。

半導体メーカーは米インテルやクアルコム、韓国サムスンなどが世界大手だ。最近では、画像半導体大手の米エヌビディアが生成AI向けで急成長している。日本勢は、半導体そのものの製造では存在感が薄いものの、製造工程で使われる装置や材料では有力銘柄が目白押しで投資妙味が豊富にある。

世界トップの分野も

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
1億円を目指す 資産運用大全
新NISA活用で「1億円」を目指す 資産運用大全
ベスト投信、億り人シミュレーション、出口戦略…
まずは月3000円や1万円でも「複利」の効果あり
20~50代まで10パターン、月3万円でも1億円
何を買う? 分配金を受け取る? 為替ヘッジ?
リターンとリスク? 基準価額? 3つの手数料?
1日で資金1000億円を集めた「お化けファンド」
純資産残高3兆円、コストの低さが人気だが…
日経平均株価やS&P500を上回るファンドとは
J-REITの分配金利回りランキング TOP10
新NISAが始まったのに資金流出が止まらない
アクティブファンドが復活する3つの理由
インデックス投資よりも儲けたい人は必見!
マーケットで注目されそうな話題を先取り
日本企業が世界で高シェア、AIブームも追い風
東証の要請で企業経営が激変、投資家にも恩恵
株価が10倍以上に化ける小型成長株の3条件
1位の銘柄は利回り7.46%、株主優待銘柄も
1年で株価10倍超、69年連続増配、バフェット…
新NISA開始で投資初心者から注目されているが…
専業投資家DAIBOUCHOU氏が平易に解説
ポイントを押さえれば資産1億円への選択肢に
ビットコイン、イーサリアム、リップル…
少ない資金で取引できるが"溶かす"おそれも
著名人なりすまし広告で被害拡大、ロマンス詐欺も
「この低金利時代、貯蓄しているやつはバカだ」
利益確定と損切りのポイントを平易に解説
退職後の資産取り崩しで留意すべき3原則
元国税専門官が税金対策のポイントを徹底解説
新NISA、インデックス投資、株式投資、金利…
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内