「住みよさランキング2015」東日本の1位は?

関東は不動のトップ5、各県トップ3にも注目

長久手(愛知)が坂井(福井)に代わりトップに

全国順位29位の小松市(石川)が地域ブロック順位で20位というように、6地域ブロック中、最もレベルの高いのがこの「甲信越・北陸・中部」エリアだ。しかも毎年トップが入れ替わる。今年は、昨年3位の長久手市(愛知)が坂井市(福井)に変わって1位となり、坂井市は3位へと後退した。また2位の能美市(石川)は昨年7位から順位を上げ、昨年2位の野々市市(石川)が4位へ順位を下げた。

上位の順位が毎年変動する一方で、上位の顔ぶれにはそれほど変化がない。今回のトップ20のうち昨年トップ20圏外だったのは18位の七尾市(石川)と20位の小松市(石川)のみ。どちらも「住居水準充実度」の2指標の年次更新がプラスに働いた。逆にトップ20から姿を消したのが昨年16位の敦賀市(福井、今年21位)と中央市(山梨、同22位)だ。

敦賀市は「安心度」では順位を上げたが、転入・転出人口比率の急激な悪化と、住宅着工戸数の落ち込みで、「快適度」の順位が急落したことが響いた。同市は日本原子力発電の敦賀発電所を抱える原発の町だが、2011年以降、運転が停止されたまま(1号機は廃炉決定)であることが影響していると考えられる。

このエリアでは、トップ10に石川県の都市が3市、福井県と富山県の都市がそれぞれ2市ランクイン、さらにトップ20では北陸3県で14都市がランクインしており、その強さが際立っている。今回のランキングでは、今年3月に開業した北陸新幹線の効果はまったく反映されていないが、来年以降のランキングにどれくらい影響があるのか注目したい。

最後に、各県別のトップ3を紹介しよう。

次ページ各県別のトップ3を大公開
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。