「住みよさランキング2015」東日本の1位は?

関東は不動のトップ5、各県トップ3にも注目

トップ5は不動、6位以下が大きく入れ替わる

「関東」では、1位の印西市(千葉)から5位の那珂市(茨城)までトップ5が昨年と変わっていない。6位以降では、ふじみ野市(埼玉)が昨年13位から7位に上昇したほか、昨年トップ20圏外からも、12位に小山市(栃木、昨年30位)、13位に立川市(東京、同22位)がランクインした。

それぞれ要因をみてみると、ふじみ野市は「利便度」の順位が若干下がったが、人口流入と住宅着工戸数の増加、持家比率の上昇が寄与し「快適度」と「住居水準充実度」の順位が上がった。立川市は大型小売店店舗面積と住宅着工戸数の増加による「利便度」と「快適度」の上昇が全体順位を引き上げた。小山市は住宅関連指標の更新にともなう「住居水準充実度」の順位アップが貢献した。

逆に昨年ランキングの8位水戸市(茨城)、9位太田市(群馬)、10位白岡市(埼玉)は、今回ランキングではそれぞれ16位、18位、17位と揃って後退した。水戸市と太田市は「利便度」と「住居水準充実度」の低下が、白岡市は「安心度」の低下が、それぞれ響いた格好だ。

「関東」のランキングの7位以下をみると、全国順位で60位台から90位台の都市が密集しており、7位ふじみ野市と20位宇都宮市(栃木)の偏差値の差は0.5ポイントしかない。したがって、1つ2つの指標のスコアが少し変動するだけでも、全体の順位が入れ替わりやすいということはいえる。

次に「甲信越・北陸・中部」のランキングだ。

次ページ「甲信越・北陸・中部」のランキングは?
ランキングの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT