有料会員限定

半導体の地政学、各国が工場誘致に躍起の理由 コロナ禍を経て、供給リスクに備え始めた

✎ 1〜 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 16
拡大
縮小

台湾有事に米中対立。供給リスクが認識された。

インテルCEOのゲルシンガー氏
インテルのゲルシンガーCEO(左)は工場建設の意義を強調(写真:Tom Brenner/The New York Times)

特集「わかる! 地政学」の他の記事を読む

ウクライナ、イスラエルとガザ、台湾有事、朝鮮半島の緊張…… 世界が混迷を極める中、「地政学」は地理と歴史の観点から、国際情勢の読み解き方を教えてくれる。『週刊東洋経済』4月20日号の第1特集は「わかる! 地政学」。地政学がわかると世界の仕組みが見えてくる!
※本記事は2024年4月20日6:00まで無料で全文をご覧いただけます。それ以降は有料会員限定となります。
週刊東洋経済 2024年4/20号[雑誌]
『週刊東洋経済 2024年4/20号[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

「今日は、米国の経済だけでなく国家安全保障にとっても勝利の日だ。地理的にバランスの取れた強靭なサプライチェーンを、ここアリゾナから築く」

米半導体メーカーのインテルは3月20日、米政府から工場建設のための補助金85億ドルを受け取ることを発表した。重機が立ち並ぶ米アリゾナ州の工場建設予定地で開かれた記念式典で、インテルのパット・ゲルシンガーCEOは冒頭のように高らかに宣言した。

インテルへの補助金は、2022年に成立した「CHIPSプラス法」が適用されたものだ。

同法では、米国内の半導体製造やサプライチェーンを強化するため500億ドル超の予算を計上。成立以降に発表された関連企業の投資計画は総額3000億ドル超に上る。インテルだけでなく、台湾の半導体製造受託大手・TSMCをはじめ多くの半導体メーカーがこの枠組みで米国内に工場を建設中だ。

半導体の地政学をめぐる2つのテーマ

ここ数年の半導体産業は、地政学リスクを踏まえた各国の思惑によって動かされているといっても過言ではない。半導体の地政学をめぐるテーマは主に2つだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
わかる! 地政学
国際情勢の解像度が上がる 「わかる! 地政学」
ウクライナ、米中、台湾… 地政学で理解する
"禁断の学問"がなぜ21世紀に有効なのか
エネルギーを海外に頼る日本には弱点がある
神奈川大学の的場昭弘名誉教授が徹底解説
トランプ外交が起こす波紋、関係国は大混乱
原潜が航行する「南シナ海」こそ最重要の海域
元外交官がロシアの地政学的空間を解説
ウクライナ戦争は終結する?西側は支援疲れ?
西側、ロシア、イスラムと強固な外交関係
グローバルサウスの盟主は世界のグルを目指す
通年航行が可能になれば、インパクトは強大
巨額の財政支援が世界各国の投資を呼び込む
インフラ投資が伸びているアメリカで販売増
トランプ勝利だと脱炭素政策はどうなるか
コロナ禍を経て、供給リスクに備え始めた
規制強化に反スパイ法、中国リスクが顕在化
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内