有料会員限定

野心を隠さない中国、当面の焦点は南シナ海に 原潜が航行する「南シナ海」こそ最重要の海域

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 最新
拡大
縮小

広大な領土を持っていながら領土的野心を隠さないのはなぜか。

バイデン大統領と習近平国家主席
昨年11月にサンフランシスコで会談した米中首脳(写真:Doug mills/The New York Times)

特集「わかる! 地政学」の他の記事を読む

ウクライナ、イスラエルとガザ、台湾有事、朝鮮半島の緊張…… 世界が混迷を極める中、「地政学」は地理と歴史の観点から、国際情勢の読み解き方を教えてくれる。『週刊東洋経済』4月20日号の第1特集は「わかる! 地政学」。地政学がわかると世界の仕組みが見えてくる!
週刊東洋経済 2024年4/20号[雑誌]
『週刊東洋経済 2024年4/20号[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

戦後、最も厳しく複雑な安全保障環境に直面──。

政府高官の発言や防衛白書、外交青書で頻繁に用いられるようになったこの言葉の背景に、中国の急速かつ広範な軍事力強化があるのは疑いようがない。

中国は悲願である台湾統一(併合)を目指すほか、領有権を主張する南シナ海の島々や尖閣諸島で「力」を背景とした一方的な現状変更への動きを続けている。日本など周辺国は現状維持を確固たるものとするための動きを活発化させている。

すでに広大な領土を持っていながら、なぜ中国は領土的野心を隠さず、周辺国に威圧的な行為を繰り返すのか。それは中国にとって自国を守ることの一環だからだ。

米中をめぐる2つの線

九州沖を起点に、沖縄などの南西諸島、台湾、フィリピン、ボルネオ島に沿って延びる1本の線。中国が設定したとされる第1列島線と呼ばれる防衛ラインだ。

中国の沿岸には上海や広州など主要な都市が数多く存在する。一方で、中国から太平洋を見渡すと、日本や台湾、フィリピンなど米国の同盟国などが連なる。中国にしてみれば、重要な都市が他国からの脅威に直接さらされているような感覚だ。第1列島線は海洋からの侵入に対する重要な防御ラインと位置づけられている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
わかる! 地政学
国際情勢の解像度が上がる 「わかる! 地政学」
ウクライナ、米中、台湾… 地政学で理解する
"禁断の学問"がなぜ21世紀に有効なのか
エネルギーを海外に頼る日本には弱点がある
神奈川大学の的場昭弘名誉教授が徹底解説
トランプ外交が起こす波紋、関係国は大混乱
原潜が航行する「南シナ海」こそ最重要の海域
元外交官がロシアの地政学的空間を解説
ウクライナ戦争は終結する?西側は支援疲れ?
西側、ロシア、イスラムと強固な外交関係
グローバルサウスの盟主は世界のグルを目指す
通年航行が可能になれば、インパクトは強大
巨額の財政支援が世界各国の投資を呼び込む
インフラ投資が伸びているアメリカで販売増
トランプ勝利だと脱炭素政策はどうなるか
コロナ禍を経て、供給リスクに備え始めた
規制強化に反スパイ法、中国リスクが顕在化
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内