有料会員限定

不安定な時代に学んでおきたい「地政学の基礎」 "禁断の学問"がなぜ21世紀に有効なのか

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

不安定な時代だからこそ、「地」を重視した地政学が有効だ。

世界地図を取り囲んで議論する人々
(写真:Adobe Stock)

特集「わかる! 地政学」の他の記事を読む

ウクライナ、イスラエルとガザ、台湾有事、朝鮮半島の緊張…… 世界が混迷を極める中、「地政学」は地理と歴史の観点から、国際情勢の読み解き方を教えてくれる。『週刊東洋経済』4月20日号の第1特集は「わかる! 地政学」。地政学がわかると世界の仕組みが見えてくる!
週刊東洋経済 2024年4/20号[雑誌]
『週刊東洋経済 2024年4/20号[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

ウクライナ、イスラエルとガザ、台湾有事、朝鮮半島の緊張──。

国際情勢はこの数年、各地でこれまでになく緊張の度合いを高めてきた。日本を取り巻く安全保障環境も同様だ。こうした先が見えない時代に求められるものは、大国の動向や紛争地域の事情などを踏まえ、自分なりの大局観や世界を見る目をどう養うかだ。

そこで有用なのが「地政学」だ。国際情勢のリスクと掛け合わせ、地政学的リスクともいわれる。

とはいえ地政学と言われても、わかるようでわからない。例えばロシアとウクライナの地図をじっくり見ても、どう読み解けばよいのかさっぱりわからない。そう考える読者もいることだろう。

1970〜80年代の日本でもブーム

実は、地政学という言葉が使われるのは、現在のように大規模な紛争・戦争が発生して国際情勢が流動化し、かつその動きの方向性が不透明なときが多い。1970〜80年代の日本でも地政学ブームが起きた。79年に旧ソ連がアフガニスタンに侵攻し、80年にはイラン・イラク戦争が発生するといった時代背景があった。

ブームの火付け役は、亜細亜大学教授だった倉前盛通氏が77年に著した『悪の論理─ゲオポリティク(地政学)とは何か』という1冊。同書は「アフガニスタン侵攻を予見した」と評判になってベストセラーになり、日本で地政学という言葉が一気に広まった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
わかる! 地政学
国際情勢の解像度が上がる 「わかる! 地政学」
ウクライナ、米中、台湾… 地政学で理解する
"禁断の学問"がなぜ21世紀に有効なのか
エネルギーを海外に頼る日本には弱点がある
神奈川大学の的場昭弘名誉教授が徹底解説
トランプ外交が起こす波紋、関係国は大混乱
原潜が航行する「南シナ海」こそ最重要の海域
元外交官がロシアの地政学的空間を解説
ウクライナ戦争は終結する?西側は支援疲れ?
西側、ロシア、イスラムと強固な外交関係
グローバルサウスの盟主は世界のグルを目指す
通年航行が可能になれば、インパクトは強大
巨額の財政支援が世界各国の投資を呼び込む
インフラ投資が伸びているアメリカで販売増
トランプ勝利だと脱炭素政策はどうなるか
コロナ禍を経て、供給リスクに備え始めた
規制強化に反スパイ法、中国リスクが顕在化
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内