有料会員限定

北極海航路、中国が狙う「氷上のシルクロード」 通年航行が可能になれば、インパクトは強大

✎ 1〜 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 最新
拡大
縮小

北極海航路の通年航行が実現すれが、地政学的なインパクトは強大だ。

北極海を航行する船舶
北極海を外洋の出口にできればロシアの地政学的欠点は解消される(写真:商船三井)

特集「わかる! 地政学」の他の記事を読む

ウクライナ、イスラエルとガザ、台湾有事、朝鮮半島の緊張…… 世界が混迷を極める中、「地政学」は地理と歴史の観点から、国際情勢の読み解き方を教えてくれる。『週刊東洋経済』4月20日号の第1特集は「わかる! 地政学」。地政学がわかると世界の仕組みが見えてくる!
週刊東洋経済 2024年4/20号[雑誌]
『週刊東洋経済 2024年4/20号[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

今年3月、スウェーデンが北大西洋条約機構(NATO)に正式に加盟した。昨年にはフィンランドも新規加盟しており、これによりバルト海はNATO軍が圧倒的に存在感を発揮する「NATOの海」になった。これに対し、バルト海を欧州への出口、さらには大西洋への出口とするロシアは強い不快感を示した。

そしてこのフィンランドとスウェーデンのNATO加盟は、ロシアが進める「北極海航路の活用」という重要な対外政策にも大きな影響を与えるとみられている。

北極海は自然環境が厳しく、これまでは氷の面積が縮小する夏期の限定された期間しか航行できなかった。

しかし近年は温暖化の影響で航行可能期間と航行可能な海域が拡大し、将来、通年での航行が可能になると予想されている。

カナダ北部沿岸を通り、米国東海岸と東アジアを結ぶ「北西ルート」と、ロシア北部沿岸を通り、東アジアとヨーロッパを結ぶ「北東ルート」がある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
わかる! 地政学
国際情勢の解像度が上がる 「わかる! 地政学」
ウクライナ、米中、台湾… 地政学で理解する
"禁断の学問"がなぜ21世紀に有効なのか
エネルギーを海外に頼る日本には弱点がある
神奈川大学の的場昭弘名誉教授が徹底解説
トランプ外交が起こす波紋、関係国は大混乱
原潜が航行する「南シナ海」こそ最重要の海域
元外交官がロシアの地政学的空間を解説
ウクライナ戦争は終結する?西側は支援疲れ?
西側、ロシア、イスラムと強固な外交関係
グローバルサウスの盟主は世界のグルを目指す
通年航行が可能になれば、インパクトは強大
巨額の財政支援が世界各国の投資を呼び込む
インフラ投資が伸びているアメリカで販売増
トランプ勝利だと脱炭素政策はどうなるか
コロナ禍を経て、供給リスクに備え始めた
規制強化に反スパイ法、中国リスクが顕在化
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内