東京製綱、強気投資の勝算、太陽電池向けワイヤで急成長 

太陽電池の製造工程は、シリコン加工、セル加工、モジュール加工に大きく分かれるが、「コスト面のカギを握るのはシリコン加工。ワイヤソーは15%、ソーワイヤで40%程度の利益率がある」(前出の大澤氏)。

そのソーワイヤには課題もある。国内市場でじわじわと増える固定砥粒方式への対策だ。東京製綱のソーワイヤは遊離砥粒方式と呼ばれ、スラリーという溶液を加えながらシリコンを切っていく。中国をはじめ、海外では依然圧倒的だが、日本では7割まで低下している。3割まで伸びたのが固定砥粒方式。ソーワイヤにダイヤの粒を電着させたもので、旭ダイヤモンド工業の独壇場だ。

これはスラリーが不要で、高速でシリコン切断でき、作業時間を短縮でき人件費も抑制できる。また、北京五輪時に中国から遊離砥粒原料の輸入が止まった例もあり、供給リスクを嫌うパネルメーカーもある。

各社とも後追いしたが、旭ダイヤの牙城を崩せていない。東京製綱には対応品がなかったが、「年内をメド」に発表する。特にワイヤソーでは固定砥粒と遊離砥粒の両方を使えるタイプを開発中のようだ。消耗品なだけに、ダイヤを使用するワイヤのコストは決して低くない。使い方によっては、遊離砥粒型の優位性も依然あるため、両方を満たす機械のニーズがあると見ているのだ。

このように、成長が期待できるソーワイヤと、需要が安定しているタイヤコードという、強力なプロダクトミックスを持つ東京製綱。高成長を持続させる道筋が見えてきた。

東京製綱の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(本誌:山内哲夫 =週刊東洋経済2011年7月30日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT