東京製綱、強気投資の勝算、太陽電池向けワイヤで急成長 

東京製綱、強気投資の勝算、太陽電池向けワイヤで急成長 

中国での生産は倍倍増、マレーシアでは昨年の工場立ち上げ後すぐに第2工場建設を決定。国内でも和歌山を4割増。2008年度比で今期4・8倍、年度末には6倍以上。まさに需要が爆発しているのが太陽電池のシリコンインゴットを切る際に使うソーワイヤ。その国内トップメーカーが東京製綱である。

創業1887(明治20)年。渋沢栄一も会長に就いた老舗ロープメーカーが元気なのは、ソーワイヤを含むスチールコード事業が成長しているためだ。元来はクレーンなどに使うワイヤロープ(鋼索)に強く、橋梁用や落石防止柵など公共関連も多かった。スチールコードもタイヤコードが中心だったが、ソーワイヤの躍進で、同事業の営業利益は前期16億円から今期26億円まで膨らむ見込み。まさに収益柱に育っている。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。