東京製綱、強気投資の勝算、太陽電池向けワイヤで急成長 

東京製綱、強気投資の勝算、太陽電池向けワイヤで急成長 

中国での生産は倍倍増、マレーシアでは昨年の工場立ち上げ後すぐに第2工場建設を決定。国内でも和歌山を4割増。2008年度比で今期4・8倍、年度末には6倍以上。まさに需要が爆発しているのが太陽電池のシリコンインゴットを切る際に使うソーワイヤ。その国内トップメーカーが東京製綱である。

創業1887(明治20)年。渋沢栄一も会長に就いた老舗ロープメーカーが元気なのは、ソーワイヤを含むスチールコード事業が成長しているためだ。元来はクレーンなどに使うワイヤロープ(鋼索)に強く、橋梁用や落石防止柵など公共関連も多かった。スチールコードもタイヤコードが中心だったが、ソーワイヤの躍進で、同事業の営業利益は前期16億円から今期26億円まで膨らむ見込み。まさに収益柱に育っている。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。