外国人著名シェフが感動「日本の食材」の特別さ 香港→日本での出店を決めるまでの道のり

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小
(写真:nao/PIXTA)
子供の頃から料理は好き。だけど、その料理を習った経験はないーー。秘書として3つの職場をクビになったあと、43歳で自分のレストランをオープンした香港人シェフのグレース・チョイさん。フェイスブックで100万人のフォロワーを持ち、日本だけでなく、海外でも招待シェフとして活躍するまでになった軌跡。

日本の観光地で思い知った「職人魂」

香港での事業が軌道に乗り始めてから、しばらくして私の中で新たな挑戦をしたいという思いが出てきました。具体的には日本で新たにレストランを開くことでした。日本にはそれまでも観光で何度か訪れていましたが、移住に思い至るにはいくつかのきっかけがありました。

1つは日本人の「職人魂」に共鳴するところがあったから。日本に来る前、「職人」については主に香港のドキュメンタリー番組を通して知っていました。日本の職人の特徴は、特定の技術を習得することに深く集中することでしょう。専門知識と品質を重視するこの文化は、料理からテクノロジーまで、日本人の生活のさまざまな側面に反映されています。

私が見ていたドキュメンタリーではたいてい、有名なアーティストやシェフについて取り上げていました。しかし、私が本当に感動したのは、日本に移住する前に訪れた、ある観光地にある小さなレストランのシェフたちの姿です。

通常、世界の他の国々では、観光地にあるレストランはリピーターを期待できないため、かなり高い料金を設定し、料理もあまりおいしくありません。しかし日本では、こうした小さなレストランは通常料金で、料理も本当においしく、質が高いのです。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT