日本海はなぜ、こんなに穏やかなのか

日本海の歴史を追究すれば答えが見える

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

竹島(韓国名「独島」(トクト))と呼称問題(同「東海(トンヘ)」)を除けば日本海は平穏な海である。本書は広く太平洋やオホーツク海とのかかわりの中で日本海の歴史を追究したエッセーで、探検家の足跡を探りながら世界地図の旅へと読者を案内する。

17世紀のブランクスの地図には日本海とあるのに18世紀のモルによる地図では朝鮮海となっており、18世紀末に太平洋全域を航海したラペルーズは西洋人として初めて日本海を北上し地図上に日本海と記したが、高橋景保(かげやす)の精密な地図はなんと朝鮮海で太平洋側に「大日本海」とある、など興味深い事実が次々に登場して飽きさせない。

バルチック艦隊の大遠征も「海」にこだわるロシアが日本海を領海にしようとしたためだった。それにしても世界の海の中でこの海域はなぜ際立って平穏なのか。単純だが説得力のある答えが示されるが、日本海を前向きに生かしていくには歴史に学ぶ必要性にあらためて気づかされる。(純)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT