日本海はなぜ、こんなに穏やかなのか

日本海の歴史を追究すれば答えが見える

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

竹島(韓国名「独島」(トクト))と呼称問題(同「東海(トンヘ)」)を除けば日本海は平穏な海である。本書は広く太平洋やオホーツク海とのかかわりの中で日本海の歴史を追究したエッセーで、探検家の足跡を探りながら世界地図の旅へと読者を案内する。

17世紀のブランクスの地図には日本海とあるのに18世紀のモルによる地図では朝鮮海となっており、18世紀末に太平洋全域を航海したラペルーズは西洋人として初めて日本海を北上し地図上に日本海と記したが、高橋景保(かげやす)の精密な地図はなんと朝鮮海で太平洋側に「大日本海」とある、など興味深い事実が次々に登場して飽きさせない。

バルチック艦隊の大遠征も「海」にこだわるロシアが日本海を領海にしようとしたためだった。それにしても世界の海の中でこの海域はなぜ際立って平穏なのか。単純だが説得力のある答えが示されるが、日本海を前向きに生かしていくには歴史に学ぶ必要性にあらためて気づかされる。(純)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。