藤田嗣治が描いたアッツ島玉砕の戦争画

極北の岩ばかりの小島で起きたこと

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

藤田嗣治の『アッツ島玉砕』を超える戦争画はない。日米兵士がひしめき合い死闘を演じている暗い茶色の凄せい惨さんな大画面からは戦意高揚というよりは厭戦(えんせん)の気配さえ漂うが、国民的人気を博して軍部は大満足した。だが戦後、藤田は一転して戦争協力者として非難を浴びる。作品の誕生、巡回展示での反響、山田風太郎や新藤兼人の反応、昭和天皇のかかわり、藤田の奇怪な行動など、興味深い事実が子細に紹介される。そのうえで、兵士二千余人が全滅へと追い込まれた極北の岩ばかりの小島が何ら戦略的意味を持たなかった不可思議の解明へと話は進む。

藤田の絵がそのこととどうかかわっていたか。彼の本音はどこにあったのか。フランスへ戻った藤田は「日本を捨てたのではない、捨てられたのだ」と夫人に語ったという。「玉砕」の内実を多彩な切り口からえぐり出していく秀作ドキュメントであり、「アッツの花」のエピソードが強い余韻をもって迫ってくる。(純)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。