「負の利子率」にはどういう有効性があるのか

リフレ政策に代わる"Bプラン"の研究

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

金融政策において「負の利子率」にはどういう有効性があるのか、関心が高まり始めた。はたして現在のリフレ政策に代わる"Bプラン"になりうるのか。

実際、負の利子率自体は2009年にスウェーデンの準備預金で実施され、近くは欧州中央銀行(ECB)が昨年から今年にかけて導入。日本でも準備預金ではないが、マイナス金利での短期国債の入札が昨秋に出現している。

本書で言う負の利子率政策とは、特に短期の名目利子率を負に誘導することだ。日本銀行との金融取引のほとんどすべての利子率を負にする。著者は、名目利子率のゼロ下限が長引くデフレ不況の原因になっている、と診断している。

そこで“障害"になるのは、つねに利子率がゼロである現金の存在だ。だが、それも日本銀行との現金取引の際に手数料を徴収すれば済むという。

批判に対する反論も詳細に検討されており、議論を呼ぶ内容だ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT