「負の利子率」にはどういう有効性があるのか

リフレ政策に代わる"Bプラン"の研究

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

金融政策において「負の利子率」にはどういう有効性があるのか、関心が高まり始めた。はたして現在のリフレ政策に代わる"Bプラン"になりうるのか。

実際、負の利子率自体は2009年にスウェーデンの準備預金で実施され、近くは欧州中央銀行(ECB)が昨年から今年にかけて導入。日本でも準備預金ではないが、マイナス金利での短期国債の入札が昨秋に出現している。

本書で言う負の利子率政策とは、特に短期の名目利子率を負に誘導することだ。日本銀行との金融取引のほとんどすべての利子率を負にする。著者は、名目利子率のゼロ下限が長引くデフレ不況の原因になっている、と診断している。

そこで“障害"になるのは、つねに利子率がゼロである現金の存在だ。だが、それも日本銀行との現金取引の際に手数料を徴収すれば済むという。

批判に対する反論も詳細に検討されており、議論を呼ぶ内容だ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。