独り勝ちの「ドイツ帝国」が世界を破滅させる

今のドイツこそ欧州危機の元凶

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

今や影響力が衰えた米国に代わって、覇権を握りつつあるといわれるドイツ。フランスの歴史学者・人類学者である著者は、今のドイツこそ欧州危機の元凶だと説く。

冷戦終結後、ドイツはEU(欧州連合)の東方拡大によって、社会主義政権下の高い水準の教育を受けた良質で安い労働力を活用し、経済を復活させることに成功。欧州での独り勝ちを収めた。

また、ロシアからの天然ガスのパイプラインが、ウクライナ経由でドイツに通じていることから、ウクライナとロシアの対立の裏に、ドイツとロシアの対立を見る。

近年の事の推移から、ドイツが債務危機を利用して欧州全体を牛耳る可能性までをも論じている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT