独り勝ちの「ドイツ帝国」が世界を破滅させる

今のドイツこそ欧州危機の元凶

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

今や影響力が衰えた米国に代わって、覇権を握りつつあるといわれるドイツ。フランスの歴史学者・人類学者である著者は、今のドイツこそ欧州危機の元凶だと説く。

冷戦終結後、ドイツはEU(欧州連合)の東方拡大によって、社会主義政権下の高い水準の教育を受けた良質で安い労働力を活用し、経済を復活させることに成功。欧州での独り勝ちを収めた。

また、ロシアからの天然ガスのパイプラインが、ウクライナ経由でドイツに通じていることから、ウクライナとロシアの対立の裏に、ドイツとロシアの対立を見る。

近年の事の推移から、ドイツが債務危機を利用して欧州全体を牛耳る可能性までをも論じている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。