「最新のネーミング強化書」を読む

三つの条件を満たすネーミング法を伝授

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

激烈な競争環境にある現代のマーケットでは、新商品や新サービスのネーミングは重要だ。そうした視点から、「かもめ~る」「ゆうパック」「BIG EGG」など、300以上のヒットネーミングを手掛けてきた著者が、その極意を解説した。

個性的なネーミングには、人々に違いを認識させる「識別性」、その商品やサービスを購入しても問題ないという信頼感、つまり「保証性」、さらに価値あるものだと認められる「価値性」が備わっているという。この三つを満たしたネーミング法を伝授。

よいネーミング方法だけでなく、その占有権をしっかりと確保する商標登録の仕方など、実務面もフォローしている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 小幡績の視点
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。