「世論調査」の有効的な使い方とは

民主主義における"武器"

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

NHK放送文化研究所で世論調査を担当する著者が、その歴史から、方法論、問題点などを探った。

世論調査の結果は、どこまで現実を反映しているのか。実際、同じような世論調査でも、新聞各社によって数字が真反対になることもしばしば。それは調査や質問の仕方に、ある種のバイアスがかかっているからだという。

世論調査とは、マスコミや権力が国民を操作するための道具ではなく、声を出さない、出せない、多くの人たちの意見を国や行政に届けたり、権力を監視したりするための“武器"だという。民主主義社会の中で、この武器を有効に活用するために、数字にだまされない正しい世論調査の利用方法を教える。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。