「世論調査」の有効的な使い方とは

民主主義における"武器"

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

NHK放送文化研究所で世論調査を担当する著者が、その歴史から、方法論、問題点などを探った。

世論調査の結果は、どこまで現実を反映しているのか。実際、同じような世論調査でも、新聞各社によって数字が真反対になることもしばしば。それは調査や質問の仕方に、ある種のバイアスがかかっているからだという。

世論調査とは、マスコミや権力が国民を操作するための道具ではなく、声を出さない、出せない、多くの人たちの意見を国や行政に届けたり、権力を監視したりするための“武器"だという。民主主義社会の中で、この武器を有効に活用するために、数字にだまされない正しい世論調査の利用方法を教える。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT