「世論調査」の有効的な使い方とは

民主主義における"武器"

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

NHK放送文化研究所で世論調査を担当する著者が、その歴史から、方法論、問題点などを探った。

世論調査の結果は、どこまで現実を反映しているのか。実際、同じような世論調査でも、新聞各社によって数字が真反対になることもしばしば。それは調査や質問の仕方に、ある種のバイアスがかかっているからだという。

世論調査とは、マスコミや権力が国民を操作するための道具ではなく、声を出さない、出せない、多くの人たちの意見を国や行政に届けたり、権力を監視したりするための“武器"だという。民主主義社会の中で、この武器を有効に活用するために、数字にだまされない正しい世論調査の利用方法を教える。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT