ヤバいLINE、日本人が知らない真実とは?

圧倒的な勢いで普及したワケ

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

日本国内のユーザー数が5800万人以上ともいわれるメッセンジャーアプリ「LINE」。リリースから4年間で、圧倒的に普及した理由はどこにあるのか。どんな企業が運営しているのか。その実態を検証している。

LINE社の役員は、「LINEは日本生まれのスマホアプリ」だと発言しているが、その株式を100%持つ韓国の代表的IT企業・NAVERがどういう会社かは知られていない。

LINEの開発過程からは、その裏での熾烈なアプリ開発競争が見えてくる。そして、めったに公の場に登場せず「利用者の満足度がすべてだ」と発言するNAVER会長(議長)の人物像などにも鋭く迫っている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT