世界を動かす技術思考、要素からシステムへ

日本は、システム化で後れを取っている

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

現代社会は無数の「システム」から構成されている。システム化は現代科学技術に根差した自然な流れであり、また個々の技術分野の発展を促している。同時にシステム自体は目に見えない。このためその働きを理解することは難しく、それを作ることはもっと難しい。見える要素や部品と、見えないシステム原理を結び付けるのが「システム科学技術」であり、手作りの「匠の技」を尊重する日本は、システム化で後れを取っていると編者は指摘する。

インターネットやハイブリッドカー、ICカードなどさまざまな技術や製品をシステムの側面から論じることを通じ、日本のシステム技術の現状を検証。システム化で日本の進むべき方向を探る。

関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
買って良い街 悪い街

家は人生最大の買い物。購入後の大幅値下がりは後悔のもと。3大都市圏の割安な駅ランキング、519市区の「街の偏差値」を掲載。住宅情報誌ではわからない、後悔しない住まい選び。