世界を動かす技術思考、要素からシステムへ

日本は、システム化で後れを取っている

書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

現代社会は無数の「システム」から構成されている。システム化は現代科学技術に根差した自然な流れであり、また個々の技術分野の発展を促している。同時にシステム自体は目に見えない。このためその働きを理解することは難しく、それを作ることはもっと難しい。見える要素や部品と、見えないシステム原理を結び付けるのが「システム科学技術」であり、手作りの「匠の技」を尊重する日本は、システム化で後れを取っていると編者は指摘する。

インターネットやハイブリッドカー、ICカードなどさまざまな技術や製品をシステムの側面から論じることを通じ、日本のシステム技術の現状を検証。システム化で日本の進むべき方向を探る。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。