データで深掘り「大谷翔平のピッチング」のスゴさ 細部に対する分析はビジネスの世界でも役立つ

拡大
縮小
大谷翔平
2024 MLB ドジャース キャンプの大谷翔平(写真:AP/アフロ)
リスキリングのなかでも人気の高い「プログラミング」。プログラマーのような専門性の高い職種のみならず、「販売促進のために顧客のデータを分析する」といったビジネスの現場でも活用されつつあります。福岡ソフトバンクホークスのデータアナリストで、新刊『野球データでやさしく学べるPython入門』を上梓した齋藤周さんが、大谷翔平選手のデータを紹介しながら、プログラミングがどのようにデータ分析やデータの可視化に役立つのかを、解説します。

2023年は、大谷翔平選手の話題が絶えない1年でした。WBCでの世界一に始まり、ホームラン王、MVP、オフシーズンには史上最高額でのドジャース移籍と、歴史に残る活躍ぶりでした。

そんな大谷選手の2023年のピッチングを「データ」で深掘りしてみると、どんなことが見えてくるでしょうか?

データで見る大谷翔平選手の“打者泣かせ”の球種

2023年の大谷選手の球種別の投球割合と空振り率のデータを見ていきます。

下の表のように、投球割合はフォーシームとスイーパーが高く、空振りを多く取れている球種はスイーパーとスプリットが高い結果になっています。

つまり、大谷選手の場合、「スイーパー」は投球割合が高いうえに、空振り率も高いことがわかります。

※外部配信先では図表を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください

大谷翔平
(図:筆者作成)

3分の1以上という高い割合でスイーパーを投げているので、相手のバッターはスイーパーを警戒しているはずです。一般的に警戒度が高まると、打者が空振りする割合は低くなりますが、相手が警戒していてもなお、大谷選手のスイーパーは“つい空振りをしてしまう”ほど強力なのです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT