一流とは「不安でも強気でいられる人」だった

心が強い人が持つ「3つの力」

現代は、変化の激しい業界で働いている人ほど、逆境に直面しやすいのではないでしょうか。

事例1:将来が不透明な業界で慢性的な不安を抱える28歳女性

たとえば、そのひとつに出版などのメディア業界があります。将来が不確定で、先行きが不透明な業界では、未来ストレスを感じている人が少なくありません。

ある出版社で書籍の編集者として働く28歳のAさんは、将来が不安で仕方がありませんでした。紙媒体の出版メディアはウェブの影響を受けて、今後は衰退していくと見なされていました。さらに、スマホの浸透で、本を読まない若者も増えていると知り、「自分はこのまま、この業界にいても大丈夫なのだろうか」と心配になりがちだったのです。

出版に関係のない外野の声も気になりました。「これからの編集者は、情報を収集して加工できるキュレーターであるべきだ」「いやいや、電子出版の広がりで個人がセルフ・パブリッシングできる時代だから、もはや編集の仕事そのものが必要ではない」といった話が、色々なところで言われるのをよく耳にしたからです。一人の編集者として、どこを目指せばいいのかがわからず、混乱する日々が続いていたのです。

ところが、会社や上司の方針は昔のままのやり方を貫いており、「仕事力をつけないといけないこの大事な時期に、こんな時代遅れな職場で働いて大丈夫なのか?」と不安でたまらなくなることもありました。

「今いる場所でどうやって結果を出すか?」「これから、何を、どこを目指して働くべきか?」「自分はどうなりたいのか?」といった不安で頭はいっぱいです。しかも、編集の仕事で常に頭を使い、起きている間はずっと仕事モードが続いているので、脳ストレス過多の「過緊張」の状態になりやすくなりました。自律神経が乱れ、体調も悪くなりやすくなり、以前よりもイライラや不安を感じやすくなっていたのです。

ただ、どれだけ悩んでも今の状況を打破できず、明確な答えも出ず、心のざわつきと焦りが延々と続く「慢性的な不安」に陥っていたのでした。

ある特定のネガティブ感情が、自分の心の中に強く長く残って繰り返されてしまうのは、「ネガティビティ・バイアス」がかかっているからです。否定的な記憶や感覚は、より長く強く残ってしまう心理作用があるのです。

次ページ必要なのはこの3つの力
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT