一流とは「不安でも強気でいられる人」だった

心が強い人が持つ「3つの力」

私は人から元気を吸い取ってしまう人を「感情バンパイア」と呼んでいます。どの職場にも必ず潜んでいるものです。「注意したほうがいい」と人に忠告することもあります。弱気な人が周囲に振りまくネガティブ感情の感染力は、軽視できません。

自分の心を変える方法はある

人が下向き・後ろ向きになるような状況でも、上を向いて前向きに行動し、強気でいられる人の姿をみて、私はいつも羨ましく感じていました。「自分もあのように強くなれたらいいのに」と思うと同時に、嫉妬さえ感じたこともありました。

しかし、今では羨ましく思うことはありません。なぜなら、自分の心を強く変える方法を知ったからです。弱気になりがちな自分を強気に変えることはできるのです。

それは「私はポジティブです」と鏡の中の自分に向かって毎日10回唱えたりするような、疑似科学的な技法ではありません。心理学の研究に基づいた、自分を変えていく技術です。

今では私がその方法を、大手企業などから依頼を受けた講演会や研修で教えています。

その背景には、ストレス耐性があり、失敗を恐れず、仕事のプレッシャーにも負けず、前例のない仕事でも積極的に取り組むことができる人材のニーズが増していることがあります。 同時に、多くのビジネスパーソンが、会社での人間関係でストレスを感じ、ハードワークで疲れ、将来の不安で心が折れそうになっているからです。近著で紹介している「未来ストレス」に悩まされている人も少なくありません。

ストレス過多の競争社会では、知識力やビジネススキルも大切ですが、「打たれ強いマインド」も重要です。弱気な人は競争に勝てず、「負け組」になりかねないからです。

とくに、まじめで頑張りやな人ほど、仕事で人よりも多くのストレスを感じ、自分と会社の未来に不安をもち、やり場のない不満やイライラを感じており、人によっては抑うつ傾向になってしまいます。

次ページ不安で仕方がない出版社勤務・28歳女性の場合
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。