一流とは「不安でも強気でいられる人」だった

心が強い人が持つ「3つの力」

ロイ・バウマイスター博士らが行った心理学の研究でも、200以上の文献をメタ分析した結果、人の行動や認知の幅広い範囲で「悪は善よりも強い」という一般原則が成り立つことがわかりました。

さらには、類は友を呼ぶ、ではありませんが、ネガティブな思考や感情は粘着性があり、脳に長く残ることがあります。不安が憂鬱感や無力感を引き寄せ、心を疲弊させて、私たちを弱気にさせてしまうのです。

不安でも強気でいられる人が持つ「3つの力」

しかし、これには解決策があります。次の3つの力を身につければいいのです。

第1が、逆境に負けない力「レジリエンス」です。第2が、不安定な状況でも、見通しが立つ力「ウェイパワー」です。そして第3が、困難があっても、最後までやり遂げる意志の力「ウィルパワー」です。

これら3つの力は、一流と言われる人であれば必ずもっているものだと考えます。そして、心理学の研究により、強気の源と言えるこれら3つの力はトレーニングできることがわかっています。

体の筋肉と同じと考えるとわかりやすのですが、使わないでいると弱くなってしまいます。そうならないためには、意識して使い続けると同時に、筋肉と同じように適切にトレーニングをして鍛え続けることが大切なのです。

一流のアスリートが、自分の体を余念なくストイックに鍛え続けるように、どんな状況でも強気でいられる人材に変わるためには、「レジリエンス」「ウェイパワー」「ウィルパワー」、この3つの力を高める決心をして、これらを鍛える習慣を始めればいいのです。本連載では、この3つの力「レジリエンス」「ウェイパワー」「ウィルパワー」について紹介していきたいと思います。

 

【お知らせ】6月18日(木)八重洲ブックセンター本店で久世浩司氏のトークイベントが開催されます。詳細はこちらから

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT