(第4回)低価格製品シフトは製造業を衰退させる

(第4回)低価格製品シフトは製造業を衰退させる

海外生産における従業員1人当たり売上高は、国内生産のそれより低い。前回、このように述べた。これを地域別に見ると、左ページのグラフのとおりである。

日本と比べて北米は1・3倍、欧州はほぼ同じ水準だ。これに対してアジア地域の数字は、どこも国内より低い。NIEs(シンガポール、台湾、韓国)が76%程度だが、ASEANは37%で、中国は32%だ。

この順位は、1人当たりGDPと見事に相関している。現地生産の大部分が当該地域の需要に向けたものであり、所得の低い地域では低価格製品が中心になることを考えれば、こうなるのは当然のことだ。

もっとも、1人当たりGDPの格差ほどは開いていない。それは、比較的高所得の人々を対象とした製品だからだろう。

しかし、低所得地域で所得が高くても、その平均は世界全体から見れば必ずしも高いわけではない。「低所得国であっても富裕層を相手にすればよい」といわれることがあるが、1人当たり売上高はグラフで見るような結果になるのだ。

ただし、賃金支払いは少なくて済むので、売上高利益率は高くなる。2009年で、アジアは6%であり中国本土は6・5%だ(経済産業省「海外事業活動基本調査」)。


関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。