(第4回)低価格製品シフトは製造業を衰退させる

(第4回)低価格製品シフトは製造業を衰退させる

海外生産における従業員1人当たり売上高は、国内生産のそれより低い。前回、このように述べた。これを地域別に見ると、左ページのグラフのとおりである。

日本と比べて北米は1・3倍、欧州はほぼ同じ水準だ。これに対してアジア地域の数字は、どこも国内より低い。NIEs(シンガポール、台湾、韓国)が76%程度だが、ASEANは37%で、中国は32%だ。

この順位は、1人当たりGDPと見事に相関している。現地生産の大部分が当該地域の需要に向けたものであり、所得の低い地域では低価格製品が中心になることを考えれば、こうなるのは当然のことだ。

もっとも、1人当たりGDPの格差ほどは開いていない。それは、比較的高所得の人々を対象とした製品だからだろう。

しかし、低所得地域で所得が高くても、その平均は世界全体から見れば必ずしも高いわけではない。「低所得国であっても富裕層を相手にすればよい」といわれることがあるが、1人当たり売上高はグラフで見るような結果になるのだ。

ただし、賃金支払いは少なくて済むので、売上高利益率は高くなる。2009年で、アジアは6%であり中国本土は6・5%だ(経済産業省「海外事業活動基本調査」)。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT