電力自由化へ発送電分離、電源開発は国民的議論を


 一方、電源のバランスは、国民を挙げて議論すべき問題だ。イタリアのように国民投票が可能になれば、電力会社が捏造した試算ではなく、コストやリスクにかかわるあらゆる情報を入手して議論しよう、という機運が高まるだろう。

今の2大政党制では、地方選で争点になることはあっても、国政選挙で争点になることは期待し難いように思える。

菅首相は5月のフランスのG8首脳会談で「太陽光パネルを1000戸に設置」と思いつきで公約した。原発推進派に阻まれてきた再生可能エネルギーの議論は、大いに進めればいい。

しかし、ここにも落とし穴は潜む。設備の建設や補助金が新たな利権を生み、無駄な設備が増える可能性もある。化石燃料を効率よく使う技術や、炭素税・排出権取引などの可能性も切り捨ててはならない。

日本の経済成長をどうするか、国民の安全・安心をどう担保するか、政官財癒着をどう排除するか。日本の民主主義の脆弱さを克服できるかが問われる問題だ。

(シニアライター:大崎明子 =週刊東洋経済2011年6月25日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

写真は東京電力の西澤俊夫新社長、撮影:尾形文繁
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT