インドのオンラインショッピングで売れるモノ、中国に次ぐ巨大市場の可能性

 

 

山谷剛史  ライター

 

人口12億1000万人と中国同様に10億人を超える巨大市場を抱えるインド。そのインドにおけるオンラインショッピング市場はどうなっているのだろうか。

インドのインターネット利用者は2009年9月の時点で7100万人、うち毎月1回以上利用するアクティブユーザーは5200万人だ。もちろん、11年現在では、利用者はこの値よりもずっと増えているはずだが、残念ながら、まだ統計数値は見当たらない。

 ネット利用者のうち、オンラインショッピング利用者は主要15都市で740万人。オンラインショッピングサイトではなく、価格比較サイトで情報を調べる利用者は1360万人いる。これもやはり09年の情報だけに、現在はそれよりは増えていると考えるべきだろう。

 一方、中国のネット利用者は10年末の段階で4億5730万人、オンラインショッピング利用者は1億6051万人と大差がついている。

インドにおけるオンラインショッピングの市場規模は、最新の現地発ニュースによれば4700億ルピー、日本円にして8500億円規模だという。ちなみに中国はというと、10年度中国電子商務市場数据監測報告によれば5131億元(6兆5000億円弱)となった。

 また日本は、野村総合研究所によると10年度の同市場規模は楽天やアマゾンをはじめとするB2Cが7兆3123億円、ヤフーオークションをはじめとするインターネットオークションが9221億円となった。

オンラインショッピングというと、日本なら楽天、アマゾン、ヤフー!ショッピングを代表格に、モノを買うイメージがある。だが、インドのオンラインショッピング市場の多数を占めるのはモノではなく「データ」である。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT