インドのオンラインショッピングで売れるモノ、中国に次ぐ巨大市場の可能性

 

 

インドの調査機関「IAMAI(Internet and Mobile Assosiation of India)」のリポート「Digital Commerce March 2011」によれば、11年のオンラインショッピング市場予測値は4652億ルピーで、うち3789億ルピーが観光業、すなわち航空券や列車の切符などの電子チケットだ。

 残りの863億ルピーの市場のうち音楽などのコンテンツダウンロードが110億ルピー、そのほかもろもろあり、モノが動くオンラインショッピングはわずか270億ルピー(約485億円)となっている。

 IAMAIの同リポートには書いていないが、グルーポンのようなクーポンサイトがインド全土の各都市に展開していて、こちらも好評であるとか。こちらもあらかじめデジタルデータのディスカウントクーポンを購入するわけだ。

500億円弱のモノが動く市場だが、商品別では「コンピュータ関連(36%)」が最も多く、以下「カメラ・携帯電話(25%)」「服・貴金属(19%)」「大型家電(13%)」と続いた。

 


単位:1000万ルピー

 

 


単位:1000万ルピー

 

 



 利用者が利用したことのある支払い方法だが、「デビットカード(61%)」や「クレジットカード(50%)」での支払いが、「着払い(24%)」よりもずっと多い。データ購入者が多いということもあるが、一方でデビットカードやクレジットカードで支払えるインフラが整っていることに注目したい。

 

こうしてデータを並べて見ればわかるが(そして実際もそうだが)、インドのインターネットは決してサービスがそろっていないわけではない。価格比較サイトやオンラインショッピングサイト、それにグルーポンのようなクーポンサイトもある。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング