中国半導体SMIC、「業績悪化」が長引く背景事情 7〜9月期は7割減益、スマホ需要回復も一時的か

✎ 1〜 ✎ 1347 ✎ 1348 ✎ 1349 ✎ 最新
拡大
縮小
SMICの趙海軍CEOは、半導体業界の低迷は2年続く可能性があると予想する。写真はSMICの生産施設内部(同社ウェブサイトより)

中国の半導体業界の低迷が長引いている。半導体受託製造(ファウンドリー)で中国最大手の中芯国際集成電路製造(SMIC)は11月9日、2023年7~9月期の決算を発表。売上高は前年同期比15%減の16億2100万ドル(約2449億円)、純利益は同80%減の9400万ドル(約142億円)にとどまった。

直前の4~6月期と比較すると、売上高は3.9%の微増だった一方、純利益は76.7%の大幅減益だった。現在の半導体市場が、利益を犠牲にしても受注が増えない状況にあることを示唆している。

「半導体不況は2年続く」

「半導体業界が期待していた『U字型』や『V字型』の回復が起きる兆しは見えない。現実の市場は(景気が一時的に上向いても、また低迷に逆戻りする)『ダブルU字型』の様相を呈している。目下の半導体不況は1年では終わらず、2年は続きそうだ」

SMICの共同CEO(最高経営責任者)を務める趙海軍氏は決算発表会で、半導体市況の先行きについて悲観的な見解を示した。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT