バングラデシュで強盗事件多発、企業は日本人駐在員をどう守る?

バングラデシュで強盗事件多発、企業は日本人駐在員をどう守る?

最近、繊維業などを中心にバングラデシュが次世代新興国として注目されている。しかし日本企業にとってバングラデシュは未知の国であり、駐在員を派遣するにあたってわからないことが多い。

そこで、須貝信一ネクストマーケット・リサーチ代表取締役にバングラデシュの治安状況についてインタビューした。同社はインド、バングラデシュなど南アジアの企業・金融・経済情報の提供のほか、進出支援コンサルティングなどを行っている。 

--バングラデシュ進出を検討する日本企業の人事部が知っておくべきこととして、治安状況などについて教えて下さい。

あるバングラ進出日系企業の方が「とにかく夜の治安が悪い、怖い」とおっしゃっていました。実際、強盗事件も起きていてここ半年で4件の邦人被害が発生しています。詳細がわかる3件のうち1件が旅行者で2件が駐在者ですが、このうち2人はケガをしており、抵抗して銃で殴られた方と車に引きずられて負傷した方がいます。

駐在員の数からするとこの被害発生確率はかなり高いといえます。ここ最近、外国人に対する犯罪が増加しているようです。

また、被害に遭った時間帯は全員が「夜」です。2件は夜11時台にリキシャ(オート三輪車)に乗って降りたところで被害にあったらしいのですが、「バングラでなくても夜11時にリキシャに乗るという行為は無謀」ではないかと思います。

--リキシャから降りたところで被害に遭ったとのことですが、怖いですね。

先ほどの3つの事件では、いずれもリキシャ(CNG「圧縮天然ガス」エンジンであることからバングラデシュでは通称「CNG」と呼んでいたりします)が絡んでいたのですが、実際「乗るな」というのは無理だと思います。仕事では社用車や予約した車を使ったとしても、生活上は便利だからです。バングラデシュの場合は他に手軽な交通手段が少ないですね。

交通手段の確保、これは実は難しい問題ではないかと思います。「安全な交通手段がなければ、夜や早朝はリキシャに乗ったり、外に出たりしてはいけない」ということになると思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT