バングラデシュで強盗事件多発、企業は日本人駐在員をどう守る?


--なるほど夜道が暗いのですね。

1人当たり所得の低さで考えればバングラデシュはマシな方だと思います。アフリカや中東、中南米のように、麻薬マフィアとゲリラがウロウロする国と比較すれば安全です。しかし、インド以東では最悪レベルでしょう。

強盗が発生した後の警察医療体制にしても期待できませんので、「途上国」にいるという自覚が必要ではないでしょうか。日本企業の人事部は、駐在員とその家族に対してリキシャの利用法や夜道の歩き方、そしていざ強盗に遭った場合の対処法などをきちんと指導しておく必要があると思います。


すがい・しんいち
1973年生まれ。法政大学英文科卒業。外資系IT企業、インド関連コンサルティング会社にて取締役として事業の立ち上げ等を経て、現在はネクストマーケット・リサーチ代表取締役。中小企業診断士。

ネクストマーケット・リサーチ
インド・バングラデシュなど南アジアの企業・金融・経済情報の提供のほか、進出支援コンサルティング、インターネット関連事業などを行っている。
http://nm-research.com

(聞き手:東洋経済HRオンライン編集長:田宮寛之 須貝氏撮影:尾形文繁)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT