「なるほど」はNG!自然と話が盛り上がる相槌3選 「タイプ別」話が途切れなくなる"最強"フレーズ

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 最新
拡大
縮小
「相手の心を動かす相槌」とは(写真:jessie/PIXTA)
「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」 と心理学者のアドラーが言ったように、ほぼすべての人が人間関係で悩んだ経験があるのではないでしょうか。
「人から嫌われたくない」「飲み会のような場を避けたい」「面白いことを言わないといけない」。そんな悩みを一度でも感じたことのある方にオススメなのが「笑いの力」を利用すること。
元お笑い芸人である中北朋宏氏は、お笑いを辞めた後に未経験でコンサル業界に転職しました。そこで「笑いの技術」を駆使して3年でナンバーワンの成績をおさめています。
その後、起業して株式会社俺を設立。「お笑い」と「コミュニケ-ション」を掛け合わせた、「コメディケーション」を260社、2万6000人以上に提供しています。
そんな「仕事で結果を出すお笑いの技法」をまとめたのが最新刊『おもしろい人が無意識にしている 神雑談力』です。
以下では、その中北氏が「相手の心を動かす相槌」について解説します。

結局、情報を引き出せる人が最強

コンサルタントでナンバーワンとなる人間は、プレゼンテーション能力が高い人間ではありません。

おもしろい人が無意識にしている 神雑談力
『おもしろい人が無意識にしている神雑談力』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

では、どのような人間がナンバーワンになるかというと、質問力がある人間です。

なぜかというと、質問を通して、競合他社が知り得ない欲求、価値観や情報を獲得しているため提案のクオリティが圧倒的に高まるからです。

仮にボソボソとプレゼンテーションをしたとしても提案内容が圧倒的に本質をついているのであれば、関係なく受注するわけです。

こういうと、「質問を磨く」ことが大事だと考えて、何冊もビジネス書を読みあさる人がいますが、それだけでは相手の心を開き、核となる情報を手に入れることはできません

同じ質問をしているのに、「本心を話してもらえる人」「表面的な答えを返される人」がいます。

一体何が違うのでしょうか?

次ページ話下手な人がよくする間違い
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT