ドラッグストアは、なぜ食品だらけなのか

「街の薬屋さん」が仕掛けるあの手この手

さて、ドラッグストアの来店客の中心は女性で、特に30~50代にかけて層が厚くなっています。また少子高齢化が進むにつれて60代以上のシニアの割合も増えています。

小さな子どものいる家庭では、オムツやベビーフードなど、ペットのいる家庭ならペットフード、要介護者のいる家庭では介護用品といった目的買いの利用客に、ドラッグストアで食品をついでに購入してもらうといった流れを作ることができます。

また調剤を併設している店舗であれば、病院帰りの薬の受け取りのついでに、食品も購入していくというケースが増えることも考えられます。食品を扱うことで来店動機を増やすのと同時に、客単価を上げることにもつながっていきます。

機能性表示食品制度で「ならでは」の提案を

今年4月、「機能性表示食品」制度がスタートしました。今まで機能性を表示することができる食品は、国が個別に許可した特定保健用食品(トクホ)と国の規格基準に適合した栄養機能食品にかぎられていました。

しかし、今後、特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)という食品に関しては、事業者が安全性及び機能性の根拠に関する情報や健康被害の情報収集体制など、必要事項を消費者庁に届け出ることで、「おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」などの機能性を表示することができるようになります。

この制度では、一部を除き生鮮食品を含めたすべての食品が対象になっています。食品の売り上げ構成比が上がったドラッグストアですが、医薬品や化粧品など健康と美容のためのアイテムが売り場の基盤。食品の品ぞろえにおいても単なる価格訴求をせず、健康面や美容面を重視したドラッグストアならではの売り場づくりで、スーパーやコンビニなどの他業種との差別化を図っていきたいところです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT