やっぱまずい!「100円焼き鳥」食べてみた

おいしさを決める「2つの鮮度」とは?

某大手スーパー2店舗で売られている焼き鳥。A店はバイキング形式で売られているもの、B店はテナント形式で売られているもの(写真:今井 康一)

N君:ウチの近くの大手スーパー2店で買ってきました! まずは、某大手スーパーA店(注:イニシャルではありません)の焼き鳥から。1本ずつバイキング形式で取る、スーパーでよくある形式です。ここはビッグサイズが売りで、こんなに大きくて100円ですよ。

河岸この焼き鳥は大きいね。これで100円となると……。

N君:まあまあ、そう先を焦らずに。もうひとつは、別の某大手スーパーにテナントとして入っている惣菜店B店(注:イニシャルではありません)の焼き鳥です。このB店は、東日本を中心にチェーン展開している店です。値段は種類によって微妙に違いますが、だいたい100円前後です。まずは「もも肉」から食べましょう!

河岸(まず前者A店のバイキング形式のもも肉をひと口食べて)このビッグサイズの焼き鳥はすごいね。

N君:すごいってホメてるんですか? (自分も食べてみて)うん、それなりにおいしいじゃないですか。

河岸(後者B店の焼き鳥を食べて)こちらの惣菜店のものと食べ比べてごらん。どっちがおいしい?

N君:うーん、食べ比べると、テナント形式B店のほうがおいしいかな? 先生は、どっちがおいしいですか?

河岸どっちもまずい。

N君:ガクッ。なんですか、それは?

「炭火焼き」は最後の一瞬だけ?

河岸どっちもまずいけど、特にバイキング形式A店のビッグサイズ焼き鳥は、食えたもんじゃない。おそらくこれは、タイか中国で加工して冷凍して運んできたのを、日本で解凍しているのだと思う。肉のうまみが全部出てしまっているから、おいしいわけがない。タレもひどいね。

N君:肉を串に刺すだけじゃなく、焼くまでの加工もすべて海外でやってしまうんですか?

河岸そうだよ。串に刺して最後まで焼いたものを冷凍して運んでくるんだ。

N君:でも、「炭火焼き鳥」と書いてありますよ。おいしいのでは?

河岸「炭火焼き」と書いていても、最初から最後まで炭火で焼いたという保証はどこにもない。中には、ほとんどガスで焼いて、最後の一瞬だけを炭火であぶっているのも多い。

N君:ええっ! 「炭火焼き」と書いてあれば、最初から最後まで炭で焼いたと思いますよ。詐欺とまでは言わないけど、だまされている感がありますね。

河岸みんなが誤解するよね。本当は「炭は最後にあぶっているだけです」と、きちんと表示しなきゃいけないのに。

N君:ですよね……。では、テナント形式B店の焼き鳥はどうですか?

次ページ焼き鳥の「鮮度」には2つある
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT