やっぱまずい!「100円焼き鳥」食べてみた

おいしさを決める「2つの鮮度」とは?

N君:続いて、「ねぎま」と「つくね」ですが、全部書くと10ページ近くなるので、残りは次回にしましょう。
河岸「ねぎま」と「つくね」は、店の見抜き方にもつながるけど、焼き鳥の実力がよく出るからね。素人でも、この2つを食べれば、だいたい店の良しあしがわかる。
N君:楽しみですね! そういえば、『「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。』が、「週刊文春」(2015年4月23日号)の「ベストセラー解剖」にも取り上げられました! “「居酒屋の刺身は『角』を見ろ」という話は、飲み会のとき、ウンチク話として披露できそうだ"“決してけなしてばかりではない。著者が太鼓判を押す店もちゃんと掲載しているので、それも見逃せない"なんて、天下の『週刊文春』に褒めていただいてうれしい限りですね!
河岸N君の実名も出ていたね(苦笑)。「東洋経済オンライン」自体も、3月、4月と2カ月連続で月間1億PV(ページビュー)を突破したようだね。月間1億PVというのはすごい数字だと思う。
N君:ありがたいですね。この連載もおかげさまで人気で、最近、地方に出張に行っても「えっ、あのN君ですか!?」と驚かれることが増えました(笑)。ほんと、こんなにおバカで恥ずかしい限りです……(苦笑)。

 

というわけで、「安い焼き鳥」の裏側は以上です。

次回は「ねぎま」と「つくね」を見れば、その店の実力がわかるという話から、焼き鳥を頼むなら「この5本」、こういう頼み方をすれば、店のよしあしが見抜ける、といった話までしたいと思います。

みなさん、焼き鳥の「つくね」はどんな肉から作られているかご存じですか? 「ボーンミート」といって「肉の付いた骨」から作られることが多いと知ったら、驚きますか?

次回は「ヤバすぎる『つくね』の正体」もたっぷり解説したいと思います。楽しみにお待ちください

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT