「Uber EatsのCM」大都市圏に集中する深刻事情 「テレビ離れ」とエリアを吟味する新しい広告主

拡大
縮小
TVerやABEMAをテレビ受像機で見る人が増えている(画像:foly/PIXTA)

8月初旬に出揃った在京キー局の第1四半期決算をチェックしてみた。昨年度の厳しい状況が今期も続いていると聞いていたからだ。

キー局はどこもホールディングス体制で決算も本体のテレビ局以外のさまざまな企業を含んだ数字だ。全体の数字を見ても放送事業の実態がつかめない。筆者はいつも決算資料から放送収入だけを取り出して比べている。

ついに放送事業は、下がり続ける時代に

放送収入は番組の中で提供枠にCMを流す「タイム」と、番組と番組の間にランダムにCMを流す「スポット」に分かれる。

金額の単位は百万円(図版:筆者作成)

2022年度はタイム・スポット両方とも急減した局が多かったが、今年も同じ傾向が続いていた。TBSのタイムがわずかにプラスだったのが目を引くが、全体としては惨憺たる状態だ。

PUT(総個人視聴率)も全体的に下がり続けており、コロナ禍以降顕著になった人々の「放送離れ」が一向に止まらないことがはっきりしてきた。今後も同じ傾向が続くだろう。そしてそのことは、テレビ局の人々も重々承知している様子だ。ついに放送事業は、下がり続ける時代に入った。

次ページ「格差」が生じている
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT