入社してすぐ「転職サイト登録」若者たちの本音 コロナ禍での生活や、配属ガチャへの悩みも

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6
拡大
縮小
入社してすぐ転職を意識する若者たち。なぜなのでしょうか(写真:cba / PIXTA)

パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda(デューダ)」は、新社会人が入社月の2023年4月に登録した会員数が過去最高数になった、と発表しました。

なぜこれほどまでに登録者が増えたのか。背景にはコロナ禍による社会不安、「配属ガチャ」に象徴されるキャリア不安があるようです。

入社してすぐに転職?

新人が、入社後すぐに転職サイトに登録する。

転職が当たり前になった世の中ですから、まあそういうこともあるのだろう、と思わなくもありません。

ただ一方で、「入社してすぐに転職を考えるなんて、ケシカラン!」。そう腹立たしく感じる読者もいるのではないでしょうか。

その背景について「ここにきての変化と、大きな流れとしての変化の2つがあるのだろうと見ています」と語るのは、doda副編集長の桜井貴史さんです。

「直近の理由として、コロナ禍での不安の高まりがあります。今年の新入社員は、学生時代にコロナを経験し、社会や経済が大きく変化するのを体感しました。両親が在宅勤務を始めた、などということもあるでしょう。このことから、働きはじめて、自分の力でスキルを伸ばしていくとか、自分が成長していくことが、変化の時代であるからこそ大事だ、と感じているんです」

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT