NYダウ、4月雇用統計を受け大幅高に

リスクオフの流れが一服、日経先物も急伸

8日の雇用統計を確認後、NYダウは取引開始直後から大幅に続伸。リスクオフの流れが一服したのか(写真:NewYorker/ PIXTA)

8日米労働省が発表した4月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が3月比22万3000人増となった。これはほぼ市場の予想通りだった。また、失業率は5.4%で3月の5.5%から0.1%改善。失業率は2008年5月以来の低水準となった。

一方で、雇用統計は、3月の過去分については12万6000人増から8万5000人増へと下方修正。この増加幅は2012年6月以来の低水準だった。

為替は雇用統計前に1ドル120円を突破していたものの、雇用統計を受け、日本時間の8日23時15分現在、1ドル119円台後半にまで押し返された。

この発表を受け、8日の米国株は大きなイベントを無事に越えたことで大幅に上昇して始まった。

FRBの利上げ時期に対しての見方は割れているものの、このところの世界的な債券安の流れにひとまず歯止めがかかったことに加え、中国の利下げ観測、英国の保守党単独政権確保などの材料が加わり、リスクオンの動きになったようだ。

NYダウは1万8000ドル台を回復、一時は前日比250ドル超上昇し、1万8200ドルに迫った。またナスダックも一時5000ポイントを回復、大幅高で推移している。

一方、大阪取引所のナイトセッションでも日経225先物(6月限)は大幅に続伸。8日の23時55分現在1万9630円と、同日の東京市場の現物終値1万9379円よりも大幅に上回って推移している。

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT