次の「本格的バブル」はいつ始まるのか

日本株、今はまだ「最終局面」ではない

筆者によれば「次の本格的なバブル」が着々と準備されているという。では「次のバブル」とは何か(写真:M・O / PIXTA)

一服感が出てきた株価、日本株はバブル状態なのか?

日経平均株価が一時2万円に乗って、数字的にはアベノミクス相場に「一段落的達成感」がでてきた。4月30日は、538円安と今年最大の下げ幅を記録した。

ただ東証1部平均で約19倍前後のPER(株価収益率)は、もう安くはないが、まだ「バブルだ」と騒ぐほどのものではない。

現在が「大相場の仕上げの時期である」との仮説に立つとしても、慌てて売るのはもったいなかろう。

経験則的には、バブルの最終盤には、短期間で大きな値幅を取ることができる投資家にとって「美味しい時期」がやって来ることが、しばしばあるからだ。

「そろそろ終わりだ」と思う投資家も、一気に持ち株を売ってしまうと、後で寂しい思いをするかも知れないし、最悪の場合、後から高値で買い直すような状況にならないとも限らない。

次ページ「次のバブル」のストーリーとは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。