TPP交渉が失敗したら、どうなるのか

悪いのは、オバマ大統領と共和党?

大詰めを迎えているTPP交渉。もし合意に至らない場合、どうなってしまうのか(AP/アフロ)

いろいろお騒がせのTPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉は、いよいよ大詰めの局面を迎えている。競馬で言えば、すでに各馬は最終の第4コーナーを回った。競輪で言えば、最後の1周を知らせるジャンが鳴っている。「差せ!」と叫ぶか、「そのまま~」と祈るか。残された時間はそう長くはない。

交渉がまとまりそうなら、5月23日からフィリピンで行われる予定のAPEC貿易相会合に、追加する形でTPP閣僚会合が急きょ開催されるだろう。そこから「大筋合意」への流れが生じるはずである。

ぶっちゃけ、コメは大きな問題ではない

フロマン米通商代表と甘利明TPP担当大臣が、マラソン協議を続けてきた日米交渉も、コメと自動車部品関税以外はだいたい片付いている。なあに、ぶっちゃけコメなんてたいした問題ではないのである。

なにしろ今の為替レートだと、日米のコメに内外価格差はないに等しい。「TPPが通ったら、アメリカはコメを増産して対日輸出してくる!」と懸念する声もあるが、肝心のカリフォルニア州は渇水に苦しんでおり、当面はコメを増産するどころの騒ぎではない。むしろこちらが増産して、アメリカ人に旨い日本のコメを食わせてやりたいくらいだ。

カギを握るのは米議会である。4月に超党派の議員がTPA(貿易促進権限、旧ファストトラック)法案を提出した。これが通れば、オバマ政権の交渉力が一気に強化される。

逆に言えば、合衆国憲法は通商交渉の権限を議会に与えているために、これがないと議会が後から何度でも「交渉のやり直し」を命じることができてしまう。だから交渉参加国は、このTPA法案が通るかどうかを注視している。TPAがなかったら、一切譲歩はしたくない。逆にTPAさえ通れば、実質合意が現実味を帯びてくる。特に、もっとも難関とされる日米合意が見通せるのであれば、ほかの問題は妥協可能に見えてくるだろう。

次ページTPA(貿易促進権限)の行方はどうなるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。