TPP交渉が失敗したら、どうなるのか

悪いのは、オバマ大統領と共和党?

さて、今週末は4歳以上の牝馬が1600メートルの距離で対決するG1、ヴィクトリアマイル(東京競馬場、5月17日の第11R)だ。

そういえば昨年も当連載でこのレースを予測したが、そのときもコラムのネタはTPPであったなあ。で、今年はどうか。

ヴィクトリアMは「レッドリヴェール」を軸に

このレース、いつも桜花賞(3歳牝馬対象のクラシック1600メートル戦)で連対した馬が来る。今年の顔ぶれからは、昨年の桜花賞で2着だったレッドリヴェールがぴったりだ。

最近の戦績は今ひとつだが、週末は天気が崩れるという予報もこの馬には吉である。

気性の読みにくい「ステイゴールド産駒」なので、ひょっとしたらまったく走らないかもしれない。しかし、春の天皇賞でゴールドシップを信じて報われた者としては、ここは素直に応援したいところ。

ヴィクトリアマイルでお馴染みなのは「このところ不調だった馬の復活劇」である。

そこでレッドリヴェールから馬連で、ショウナンパンドラ、スマートレイヤー、メイショウマンボ、バウンスシャッセあたりに流してみる。昨年はこの手で「①ヴィルシーナ、②メイショウマンボ」という美味しい中穴馬券をゲットした。

TPPはともかく、ヴィクトリアマイルの波乱は適度に歓迎なのである。

 


 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。