有料会員限定

デジタルの達人が語る、AIを日常使いするコツ コンサル&起業家が語る生成AIの超活用法

✎ 1〜 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 最新
拡大
縮小
コンサルタントの工藤氏とIT起業家の簗島氏
コンサルタントの工藤氏(写真左、撮影:尾形文繁)とIT起業家の簗島氏(写真右、撮影:今 祥雄)。2人の達人はChatGPTにどう向き合っているか

特集「ChatGPT 超・仕事術革命」の他の記事を読む

ChatGPTのブームが収まらない。7月24日発売の『週刊東洋経済』は「ChatGPT 超・仕事術革命」を特集。個人での利用に次いで、今、企業でのビジネス活用も盛り上がりを見せる。そんな生成AIの「最新事情&実践術」を大公開。いち早くChatGPTを特集した本誌だからこそお届けできる特集シリーズ第2弾。
週刊東洋経済 2023年7/29特大号(ChatGPT超・仕事術革命)[雑誌]
『週刊東洋経済 2023年7/29特大号(ChatGPT超・仕事術革命)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

ChatGPTのような生成AIは適切に使えば強力な武器となるが、逆もまたしかり。AI操縦力をどう磨くか。デジタルに強いコンサルタントと、東証グロース市場に上場するIT起業家。2人の達人を参考にしよう。

「2017年にChatGPTのベースとなる自然言語処理モデルの論文が出てきた頃から、このモデルに注目してきた。従来の自然言語処理モデルと比べて、大量の学習データを基に、しっくりくるインサイトを打ち出せるのが特徴だ」と語るのは、マッキンゼーの工藤卓哉パートナー(49)だ。

デジタル&アナリティクス分野のコンサルティングと導入支援で豊富な経験を持ち、21年にアクセンチュアからマッキンゼーにパートナーとしてヘッドハントされた。現在、AI技術とアナリティクスによる戦略立案・実行支援チームの日本におけるリーダーを務める。

問いかけ方が大事

次ページアイデアの盲点を指摘してもらう
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ChatGPT 超・仕事術革命
東大・松尾豊教授が語る生成AIのこれから
PKSHA社長が語る生成AIで変わるビジネス地図
GPT-4、プラグイン、データ解析と機能が続々
『独学大全』の著者による特別解説
「過度な依存で、AIのコントロール力すら失う」
「利用ガイドライン」だけ立派でも意味はない
一律禁止から一転、23年内にも全行員が利用へ
専門部署立ち上げ、他社への活用コンサルも
DMMグループで5割、ZEALSで35%の作業軽減
「スタイリストAI」が挑む「検索」の面倒臭さ
依頼が殺到するESG関連案件の調査を効率化
トランスコスモスはオペレーター支援にAI導入
AI導入支援、データセンター関連にも要注目
厄介なあの業務もChatGPTに任せてスッキリ
パナは用途拡大、日清は部門ごとに特訓
「使えない」と見切りつける前に押さえるべきは
コンサル&起業家が語る生成AIの超活用法
絶対王者のアマゾンも独自LLM発表で迎え打ち
生成AI時代の「つるはし」巡る狂騒はいつ解消?
文科省は生成AIのガイドラインを通達したが
世界中のIT企業がデジタル情報認証で連携
周回遅れの本腰で米オープンAIに勝てるのか?
焦点は次期大統領選!国民の権利を守れるか
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内