有料会員限定

今さら聞けないChatGPTを「上手く使う」5つの基本 「使えない」と見切りつける前に押さえるべきは

✎ 1〜 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 最新
拡大
縮小

「ウソばかりつく」と見くびっている人は、使用法が不適切かもしれない。

ChatGPTは、英語での登録さえクリアすれば、誰でも簡単に使い始めることができる(写真はオープンAIのChatGPT利用画面のスクリーンショット)

特集「ChatGPT 超・仕事術革命」の他の記事を読む

ChatGPTのブームが収まらない。7月24日発売の『週刊東洋経済』は「ChatGPT 超・仕事術革命」を特集。個人での利用に次いで、今、企業でのビジネス活用も盛り上がりを見せる。そんな生成AIの「最新事情&実践術」を大公開。いち早くChatGPTを特集した本誌だからこそお届けできる特集シリーズ第2弾。

キホン1|ChatGPTが得意なこと

週刊東洋経済 2023年7/29特大号(ChatGPT超・仕事術革命)[雑誌]
『週刊東洋経済 2023年7/29特大号(ChatGPT超・仕事術革命)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

「言葉を操る達人」であるChatGPTの力の源泉は、Web上からかき集めて学習した膨大なテキストデータだ。とくに既存の文章の要約や翻訳、言い換えといった分野で威力を発揮する。また、冠婚葬祭のスピーチやECの商品説明文などの、比較的形式の決まった文章の作成も得意分野。

物事の一般的な傾向についてもよく知っており、会議のアジェンダの作成や、アイデアのたたき台出し、ブレーンストーミングの相手もしてくれる。偏差値の高い大学を出た社会人2年目ぐらいの事務処理力がある秘書役、といわれることもある。

次ページキホン2|そもそも「GPT」って何?
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ChatGPT 超・仕事術革命
東大・松尾豊教授が語る生成AIのこれから
PKSHA社長が語る生成AIで変わるビジネス地図
GPT-4、プラグイン、データ解析と機能が続々
『独学大全』の著者による特別解説
「過度な依存で、AIのコントロール力すら失う」
「利用ガイドライン」だけ立派でも意味はない
一律禁止から一転、23年内にも全行員が利用へ
専門部署立ち上げ、他社への活用コンサルも
DMMグループで5割、ZEALSで35%の作業軽減
「スタイリストAI」が挑む「検索」の面倒臭さ
依頼が殺到するESG関連案件の調査を効率化
トランスコスモスはオペレーター支援にAI導入
AI導入支援、データセンター関連にも要注目
厄介なあの業務もChatGPTに任せてスッキリ
パナは用途拡大、日清は部門ごとに特訓
「使えない」と見切りつける前に押さえるべきは
コンサル&起業家が語る生成AIの超活用法
絶対王者のアマゾンも独自LLM発表で迎え打ち
生成AI時代の「つるはし」巡る狂騒はいつ解消?
文科省は生成AIのガイドラインを通達したが
世界中のIT企業がデジタル情報認証で連携
周回遅れの本腰で米オープンAIに勝てるのか?
焦点は次期大統領選!国民の権利を守れるか
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内