有料会員限定

ChatGPT「有料版」に月20ドル出す人が得る価値 GPT-4、プラグイン、データ解析と機能が続々

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

ChatGPTには有料版がある。どんな機能が利用できるのか。

「Chat GPT Plus」の紹介画面
月額20ドルのGPT「Plus」では、独自の新機能を続々公開

特集「ChatGPT 超・仕事術革命」の他の記事を読む

ChatGPTのブームが収まらない。7月24日発売の『週刊東洋経済』は「ChatGPT 超・仕事術革命」を特集。個人での利用に次いで、今、企業でのビジネス活用も盛り上がりを見せる。そんな生成AIの「最新事情&実践術」を大公開。いち早くChatGPTを特集した本誌だからこそお届けできる特集シリーズ第2弾。
週刊東洋経済 2023年7/29特大号(ChatGPT超・仕事術革命)[雑誌]
『週刊東洋経済 2023年7/29特大号(ChatGPT超・仕事術革命)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

ChatGPTには、登録すれば誰でも使える無料版と、より充実した機能を使える月額20ドルの有料版「Plus」とがある。両者はサービス内容にかなりの差がある。

最も大きな違いは「GPT-4が使えるかどうか」だ。

オープンAIが開発したLLM(大規模言語モデル)にはいくつかのバージョンがある。最新のものは「GPT-4」。無料版で使えるのは「GPT-3.5」までだ。

GPT-3.5と4とでは賢さがかなり違う。回答内容の充実度でいえば、GPT-4を使うのが望ましいのは間違いない。

一方で、GPT-3.5だと役に立たないのか、というとそういう話ではない。回答の緻密さなどではGPT-4には及ばないが、返答の速度は圧倒的に3.5のほうが上だ。

次ページプラグインで食べログの最新データにアクセス
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ChatGPT 超・仕事術革命
東大・松尾豊教授が語る生成AIのこれから
PKSHA社長が語る生成AIで変わるビジネス地図
GPT-4、プラグイン、データ解析と機能が続々
『独学大全』の著者による特別解説
「過度な依存で、AIのコントロール力すら失う」
「利用ガイドライン」だけ立派でも意味はない
一律禁止から一転、23年内にも全行員が利用へ
専門部署立ち上げ、他社への活用コンサルも
DMMグループで5割、ZEALSで35%の作業軽減
「スタイリストAI」が挑む「検索」の面倒臭さ
依頼が殺到するESG関連案件の調査を効率化
トランスコスモスはオペレーター支援にAI導入
AI導入支援、データセンター関連にも要注目
厄介なあの業務もChatGPTに任せてスッキリ
パナは用途拡大、日清は部門ごとに特訓
「使えない」と見切りつける前に押さえるべきは
コンサル&起業家が語る生成AIの超活用法
絶対王者のアマゾンも独自LLM発表で迎え打ち
生成AI時代の「つるはし」巡る狂騒はいつ解消?
文科省は生成AIのガイドラインを通達したが
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内