「折りたたみ」と「普通のスマホ」その驚きの差 「半開き」にしてノートPCの如く机に置くと…

✎ 1〜 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 最新
拡大
縮小
日本でも、折りたたみスマホのバリエーションが増えてきた。写真は左からサムスンのGalaxy Z Fold4(ドコモ版24万9700円)、モトローラのmotorola razr 40 Ultra(モトローラ直販15万5800円)、グーグルのGoogle Pixel Fold(グーグル直販25万3000円)(筆者撮影)
この記事の画像を見る(4枚)

2019年に登場したサムスン電子の「Galaxy Fold」を皮切りに、フォルダブル(折りたたみ)スマホのラインナップが徐々に拡大している。特に、2023年は、日本で発売される折りたたみスマホのバリエーションが豊富だ。7月下旬には、グーグルがPixel初の折りたたみモデルとなる「Google Pixel Fold」を発売予定。モトローラも、ガラケーのように縦に折れる「motorola razr 40 Ultra」を8月下旬以降に発売予定だ。

コンパクトさと大画面を両立

また、折りたたみスマホに先行的に取り組み、一日の長があるサムスン電子も、7月26日に韓国・ソウルで開催されたイベントで横折り型の「Galaxy Z Fold5」と、縦折り型の「Galaxy Z Flip5」をまとめて発表した。日本での展開予定は明かされていないが、同シリーズは日本でも販売されてきた実績があるため、新モデル2機種も近く発売する可能性があると見ていいだろう。ディスプレーをそのまま折りたためるインパクトが先行している折りたたみスマホだが、コンパクトさと大画面を両立できるスタイルは実用性の高さに直結する。

特に横折り型は、開くとタブレット大のサイズになるため、動画や電子書籍の見やすさは一般的なスマホを大きく上回る。PC向けのサイトなど、スマホだと見づらかったコンテンツも扱いやすい。ただ、単に持ち運びやすく、画面が大きいだけが折りたたみスマホのメリットではない。その特徴を理解すれば、活躍の幅がさらに広がるはずだ。そのテクニックを紹介していこう。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT