「有名舞台の主役降板→東大合格」彼が貫いた執念 未来和樹さん「挫折は悪くないと気づけた」

✎ 1〜 ✎ 28 ✎ 29 ✎ 30 ✎ 最新
拡大
縮小
未来和樹さん(写真: 未来さん提供)
浪人という選択を取る人間が20年前と比べて1/2になっている現在。「浪人してでもこういう大学に行きたい」という人が減っている中で、浪人はどう人を変えるのでしょうか?また、浪人したことによってどんなことが起こるのでしょうか? 自身も9年の浪人生活を経て早稲田大学に合格した経験のある濱井正吾氏が、いろんな浪人経験者にインタビューをし、その道を選んでよかったことや頑張れた理由などを追求していきます。
今回は、中学時代に有名ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』で主役を勝ち取ったあと、ミュージカル俳優をしながら通信制高校に進学。高校2年生のときに東京大学の受験を志し、浪人の末に東京大学文科Ⅱ類に合格した未来和樹さんにお話を伺いました。
著者フォローをすると、連載の新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます。

みなさんは、芸能活動をしながら大学受験をすることについてどう思いますか。

きっと、「両立は難しいだろう」という感想が出るのではないかと思います。

中学時代に舞台の主役を勝ち取る

この連載の一覧はこちら

今回インタビューをした未来和樹さんは、中学時代にミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』で1346人の応募の中から主役を勝ち取りました。

勉強と仕事の両立は大変で、高校2年生までは、仕事が忙しくて勉強ができなかったそうです。しかし、そんな環境の中で彼は東大を志望し、1浪を経て合格を掴み取りました。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT