「ハンドメイド作家」は、育児と両立できる

「自宅が職場」という選択肢

娘さんは行事や母親の出番も多い昔ながらの幼稚園に通っている。「子どもがいるときは仕事をしない」のが理想だそうで、制作やメール対応などはお子さんが幼稚園に行っている間と寝た後に集中して行う。作品が評価されることがうれしいし、お客様にももっと喜んでほしい。

その一方、「売れれば売れるほど忙しくなり、子どもに対して罪悪感を抱くなど悩むことも多い」と話す。どうしても子どもがいる前で仕事せざるを得ないときは、隣で遊ばせて待ってもらい、終わったら必ず一緒に出掛けるようにするなど、子どもへのフォローは欠かさない。

子どもとのコミュニケーションにも

そんな姿を見てか、5歳になる娘さんは母親の作品に興味を持ってきているという。「リボンの端切れをあげると、横で工作を始めて『かばん作ったよ!』なんて見せてくれたりするんです」。こういったコミュニケーションは、子育ての場にハンドメイドがあるからこそ実現することだ。

育児の合間の趣味から始まり、今では月10万円ほどの売り上げも出るようになったharu☆5さん。「マーケットプレイスで作品を販売していなかったら、今頃きっと働きに出ていたと思う」と話す。「子育てだけをしていたときは、なんとなく物足りなさを感じていた」からだ。

もともと作ることを生業にし、フルタイムで子どもを保育園に預けながら作家業を続けるおさのさんと、子どもが幼稚園に行っている時間を中心に制作し、趣味の世界からパート並みの収入を得るようになったharu☆5さん。マーケットプレイスの登場で、2人のように特技を生かし、会社勤めではない働き方で子育てを両立させる主婦たちが、これからも増えていきそうだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。