「ハンドメイド作家」は、育児と両立できる

「自宅が職場」という選択肢

版画作家のおさのなおこさん(左)とご主人の伊藤大悟さん(右)

出産後の母親は、仕事や自分の自由に使える時間がどうしても制限される。今まで自由にできていたことが思うように進められないジレンマを、育児中の多くの女性が感じている。ただ同時に、子育てからは言葉で表現できない喜びやクリエイティビティが育まれるのも事実。おさのさんも「作家業の両立は正直大変ですが、ただただ子どもはかわいい。自分の気づかないところで多くのものをもらっていると思います」と語る。

彫刻刀で溝を彫る作業。刷ったときに白くしたいところに彫りを入れる

さらに「子どもも子どもなりに、母親との限られた時間の中で我慢したり努力したりしていることを忘れないようにしています」とも。仕事と子育てを両立するということは、子ども側からすれば母親との時間が減ることになる。そこを当たり前だと思わず、子どもの気持ちに寄り添って働くスタンスは、ワーキングマザーとして見習いたい姿だ。

家事と育児とが両立しやすい

現在は雑貨店の委託販売、直営のネットショップ「iichi」のショップという3つの販売経路をもつ。iichiなどのマーケットプレイスは、比較的、家事・育児と両立しやすい働き方のため、ハンドメイドが得意な主婦におすすめだそう。

「作品作りも子育ても両方、苦労しながらも楽しめて、そして自分の作品を評価してくれる人と出会える場所があるのは本当に幸せなこと」と話す。夏には2人目の子どもが生まれる。「手仕事を小さいうちから見ることで、子どもに何かよい刺激があるとうれしい」と期待している。自分たちらしい生活スタイルを模索しながら、ご主人と二人三脚で育児と作家業に取り組んでいくつもりだ。

一方、趣味が高じて子育ての合間に作家業を始める人も多い。アクセサリーとKIDSヘアアクセをマーケットプレイス「tetote」で販売しているharu☆5さんもそのひとりだ。

次ページ趣味からマーケットプレイスの世界へ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。