おなじみ「アメチャン」に隠された意外な歴史

パインとカンロの社史に描かれていること

(写真:Yuko/PIXTA)

すっかり見慣れた商品にもスタートはあります。そのはじまりが社史にはどう書かれているか、アメ玉でもなめながら、気楽に読んでください。

まずはパインアメでおなじみ、パイン株式会社の歴史を書いた『パインアメ物語』(2001年刊行)から。社史としては珍しく文庫本のサイズで、読みやすい内容です。

終戦から数年後、大阪で業平製菓という個人商店を営み、のちに社長となる上田保夫はどんぐりのかたちのアメを丸めていました。

パイナップルの形になったワケ

パインのホームページより

あるとき、アメの材料がまだやわらかいうちに、平たいかたちにすると、いくらか大きく見えることに気がつきます。空腹を満たすため、消費者は量の多さも求めていた時代です。そこで平たいアメを売ることを思いつきますが、ただかたちを変えるだけではなく、何か工夫をしたいと考えます。「平たくて丸くて、おいしい食べ物て、いったい何やろ」とひらめいたのが、当時は高級品だったパイナップルの輪切りが入った缶詰でした。

製造の機械化など、いくつもの課題を解決し、1951年からパインアメを発売し、ヒット商品となります。しかし、すぐ類似品も出回るようになり、1年後には注文もぱたりと止んでしまいます。そこで、本物とひと目でわかるよう、パイナップルらしく真ん中に穴をあけることを試みます。

次ページ新本社の横塀に掛かれた看板とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT