ヒット率0.3%、「売れるおもちゃ」を作るコツ

<動画>タカラトミーの人気商品の傾向とは

(音量にお気をつけください)

「1000の新製品のうち、売れるのは3つぐらいなんです」

こう語るのは、タカラトミーの国内事業統括本部ニュートイグループ・グループリーダーの木村貴幸氏。つまり、誕生するおもちゃの1000のうち997はブームを起こすことなく、一代でお役御免となってしまうのだという。

前編で紹介した最新ハイテク玩具は売り上げ好調なものだが、まだ前途洋々とは言えない。ノウハウを持つ老舗メーカーでも、一朝一夕には行かない業界なのだ。

一方で、定番化して毎年売り上げを稼ぎ出す優等生も存在する。リカちゃん、プラレール、黒ひげ危機一発などはその典型だろう。ではどのようにして、その定番を生み出しているのか。

1年間に世に出す新商品は1200

黒ひげ危機一発は、1975年に誕生し今年で40周年。剣を刺して海賊が飛び出たら負け、という単純ながらスリリングなおもちゃは大ウケし定番商品に。1967年に誕生して以来、女の子の必須アイテムとなったリカちゃん人形は、今までに累計5000万体以上売り上げている

「弊社は毎年約1200の新商品を発売しています。そして1200の影には商品化にはいたらなかった数倍のアイデアがあります。そのベースは、おもちゃが大好きな社員たちが日々考える、ということです」(前出・木村氏)

おもちゃのプロたちが磨き上げた珠玉のアイデアも、ヒットするのは前述のとおり0.3%。ヒットするか否かは、企画段階では判別しにくいという。というのも、多数の賛同を得て企画会議を通過しても、いざ販売すると伸びないということも多いからだ。

そんな中で、ブームになるような商品には、会議の段階で“ある傾向”があるという。それはどういうものなのか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT