ヒット率0.3%、「売れるおもちゃ」を作るコツ

<動画>タカラトミーの人気商品の傾向とは

(音量にお気をつけください)

「1000の新製品のうち、売れるのは3つぐらいなんです」

こう語るのは、タカラトミーの国内事業統括本部ニュートイグループ・グループリーダーの木村貴幸氏。つまり、誕生するおもちゃの1000のうち997はブームを起こすことなく、一代でお役御免となってしまうのだという。

前編で紹介した最新ハイテク玩具は売り上げ好調なものだが、まだ前途洋々とは言えない。ノウハウを持つ老舗メーカーでも、一朝一夕には行かない業界なのだ。

一方で、定番化して毎年売り上げを稼ぎ出す優等生も存在する。リカちゃん、プラレール、黒ひげ危機一発などはその典型だろう。ではどのようにして、その定番を生み出しているのか。

1年間に世に出す新商品は1200

黒ひげ危機一発は、1975年に誕生し今年で40周年。剣を刺して海賊が飛び出たら負け、という単純ながらスリリングなおもちゃは大ウケし定番商品に。1967年に誕生して以来、女の子の必須アイテムとなったリカちゃん人形は、今までに累計5000万体以上売り上げている

「弊社は毎年約1200の新商品を発売しています。そして1200の影には商品化にはいたらなかった数倍のアイデアがあります。そのベースは、おもちゃが大好きな社員たちが日々考える、ということです」(前出・木村氏)

おもちゃのプロたちが磨き上げた珠玉のアイデアも、ヒットするのは前述のとおり0.3%。ヒットするか否かは、企画段階では判別しにくいという。というのも、多数の賛同を得て企画会議を通過しても、いざ販売すると伸びないということも多いからだ。

そんな中で、ブームになるような商品には、会議の段階で“ある傾向”があるという。それはどういうものなのか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT