オヤジも熱中!ハイテク玩具はここまで来た

<動画>ラジコンヘリ、自立走行ロボ、対話ロボの実力

(音量にご注意ください)

リカちゃん、黒ひげ危機一発、チョロQ……。玩具大手・タカラトミーの過去のヒット作品を並べれば枚挙にいとまがない。読者の皆さんも子どものころに一度は“お世話”になっていることだろう。これらの玩具は改良を続けて、現在でも定番商品として定着している。

だが、玩具業界の最新商品を見ると、驚くべき進化が目に付く。要は、ハイテク化しているのだ。

ニーズの3割が50代以上

写真は、Hello!MiP。振り子の原理を利用しており、少しバランスを崩してもスピードを調整することで倒れない。慣れるまで少し時間はかかるが、スマホでの操作はどんどん楽しくなる。ハマる要素が満載だ

たとえば、水陸空RC。水面を移動し、陸上を走り、そして空を飛べるというラジコンだ。30年前のラジコンヘリといえば、今で言うオタク・マニアといった大人が遊ぶ、子どものには手が届かない高価な代物だった。それが今では、親にねだれば買ってもらえる価格になっている。

Hello!MiPは、二つの車輪でバランスを取って自立走行ができるというロボット。スマホで遠隔操作することができ、缶の飲料水などを持って走らせたり、二台で対戦したりすることができる。

Robi jr.は約1000フレーズの言葉を話すコミュニケーションロボットだ。季節や時間に合わせた会話ができ、その時々の機嫌によって話す内容も変わってくる。

どの玩具も売り上げは上々だが、タカラトミーとしては想定外のこともあったという。国内事業統括本部 ニュートイグループ グループリーダーの木村貴幸氏が語る。

「これらの商品の購買層でいちばん多いのは小学生以下で4割ですが、全体で見ると20~30代以下の方の購入が想定より少なかった。思った以上に50代以上の方が多く、3割以上を占めています」

これには過去の体験が影響を与えているという。30~40年前の雑誌やテレビなどでのロボットの描かれ方がこの年代に大きな影響を与えたというのだが――。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT